人生の秘訣!いまをどう生きるか?以上。

人生の秘訣!いまをどう生きるか?以上。 (前編)

構成:井尾 淳子
撮影:越間 有紀子
日程:2018年12月5日

坂野 正崇氏(写真右)

建築家。北海道生まれ、東京育ち。神奈川県私立栄光学園高等学校を自主退学、大学受験資格検定合格。ボストン・バークリー音楽院大学に入学後、ニューヨークを拠点に音楽家として本格的な活動開始。バークリー音楽院大学を卒業後、北海道・網走の工務店で宮大工の修行に入る。その後建築家として独立、2006年に建築企画、設計、施工 一括受注の「i-ado」設立。建築分野を活動の中心として、日本をはじめ、欧米ヨーロッパ、ブラジル、中国、台湾、インド、スペイン等、国内外における数多くのプロジェクトにおいて、茶室・古民家・寺社仏閣等の文化財、ファッションや食に関わる空間、教育・美術・映画・演劇等に関わる文化施設、ホテル・ヴィラ等の宿泊施設や住居・別荘等の居住空間を、企画から設計、施工まで一貫して行っている。https://www.i-ado.jp/

福田 淳氏(写真左)

ブランド コンサルタント。1965年、大阪生まれ。日本大学芸術学部卒業。 ソニー・デジタルエンタテインメント創業者。 横浜美術大学 客員教授、金沢工科大学院 客員教授。 1998年、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント社 バイスプレジデントとして、衛星放送「アニマックス」「AXN」 などの立ち上げに関わる。 NPO法人「タイガーマスク基金」の発起人をはじめ、 文化庁、経済産 業省、総務省などの委員を歴任。 2017年、カルティエ提供「チェンジメーカー・ オブ・ザ・イヤー2016」を受賞(日経BP)。近著に『SNSで儲けようと思ってないですよね?世の中を動かすSNSのバズり方』(小学館)がある。

音楽家にして宮大工、建築家。検索には出てこない「一次情報」の人

福田:今日はよろしくお願いします。でも僕、そこそこ坂野さんのこと知らないんですよ(笑)

坂野:そうですよね。分かんないですよね(笑)

福田:なぜかというと、坂野さんは現在、建築家をなさっているんですけども、ご自身のことを語っているものがあまりないですよね。いい意味で、ネット上に出てない方で、でも本当はいっぱい出るべき方なんです。だから完全に「一次情報の人」ですよ。検索にない世界の方です。
で、今回は読者の皆さんに、この貴重な一次情報の持ち主をぜひ紹介したいと強く思ったわけなんです。坂野さん、今おいくつですか。

坂野:45歳です。北海道生まれですが、生まれだけで、東京でずっと育って。典型的な都会っ子です。

福田:坂野さんは、音楽家で宮大工で、そして建築家というすごい経歴の持ち主なんですが、まず音楽の話からいきましょうか。優秀な私立の中高一貫男子校を卒業せず、高校生の時に単身、ボストン・バークリー音楽院大学に行っちゃったんですよね。いきなり本格で、すごいんですけど。

坂野:元々はサッカー少年で、体を動かすことが好きで。でも14~5歳ぐらいの時、ロック流行りだったんですよね、うちの世代って。それで皆ギター抱えるみたいな。

福田:その世代だとどういうのを聴いていたんですか? クイーンとか。

坂野:この前、観に行きましたよ。映画『ボヘミアン・ラプソディ』。先日母親の誕生日で、2人で御飯食べたんですよ。もう80歳近いんですけど、「この前クイーンの映画観たけど、最高だった!!」とか言うわけですよ。寝る時には忌野清志郎を聴いてるみたいな、そういう母親で。

福田:坂野さんは、やっぱりそういうロック遺伝子なんですね。素晴らしい。お母様は、若い頃は何をされておられたんですか。

坂野:ファッションデザイナーだったんです。

福田:なるほど。育った背景には、デザインや建築の影響があったわけですね。家庭の文化というか。

坂野:そうですね。そこは母親でしょうね。

福田:そういう環境がおありになって。でも、音楽といっても、激しいサックスにいきなり?

坂野:僕の通っていた学校は、ガリ勉校だったんですよ。半分ぐらい東大に行っちゃうみたいな。男子校の、典型的な私立の中高一貫校ですね。ところが僕の人生の軌道はというと、結構、超ロマンチストといいますか、生きることに対して……。「生きるの最高!!!」みたいな。

福田:そんな感じします(笑)

坂野:だから僕、その中高一貫校も、高2で自分から辞めちゃったんですよ。日本の大学に進学する気も、さらさらなくて。一応、中高の5年間で6年分の全過程を終わらせて、高3は受験勉強だけするような感じだったんですね。

福田:僕の通った中高一貫校と、まったく同じですね。僕も6年間男子校で、高3の時は受験勉強をするだけ、というシステムでした。

TOPへ