近藤健祐 × 福田淳 対談 意外と知らないキャラビジネス考@ソニー・デジタル エンタテインメント【前編】

近藤健祐 × 福田淳 対談
意外と知らないキャラビジネス考
【前編】

構成:福田千津子 撮影:越間有紀子

日時:2016年7月25日(月)

場所:ソニー・デジタル エンタテインメント

近藤 健祐氏(写真右)

マインドワークス・エンタテインメント代表取締役
(キャラクタービジネスプロデューサー)
1968年生まれ。早稲田大学社会科学部卒。2社を経てソニーグループの広告代理店に入社(現フロンテッジ)。キャラクターサイト「イーキャラメッケ」の立ち上げを行い、その後2004年マインドワークス・エンタテインメント設立。現在に至る。

福田 淳氏(写真左)

ソニー・デジタル エンタテインメント 社長
1965年生まれ。日本大学芸術学部卒。アニメ専門チャンネル「アニマックス」など多数のニューメディア立ち上げに関わる。(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント バイス・プレジデントを経て現職。

1. エンタメ系の最初の仕事はJリーグカフェ

福田:近藤さんとのお付き合い、もう10年ぐらいになりますよね。

近藤:そうですね。私が独立する前なんで・・。

福田:独立されたのは?

近藤:2004年です。初めてお会いしたのは2001年ごろ、まだインタービジョン(ソニーグループの広告代理店。現フロンテッジ)にいたときですね。ソニー・ピクチャーズエンタテインメントのインタービジョンの営業担当から「面白いことをやってる人がいる」って紹介していただいたのが、福田さん。当時、マンガの配信をやられてました。

福田:やってましたね。まだezwebの時代ですよ。ソニー・ピクチャーズでデジタル部門任されてたときですね。「面白いことをやってる」って言ってくださったけど、本当にいつも稼ぎ悪くてね。ハリウッド映画の会社ってスケール違うじゃないですか。30億円の広告宣伝使って100億儲けるみたいなことやってるのに、「この新規事業の初年度の売上は1億円? たった1億?」みたいな。ちょうどバンダイの『キャラっぱ!』がヒットしてましたけど、「待ち受け画像とり放題で100円」とか言っている時代に出会ったんですよね。

近藤:そうです。

福田:なんかキャラクタービジネスって、デジタルでも小売り感覚のビジネスで大変でしたよ。1億円売るって! 100円の画像を100万ダウンロードさせなきゃならない。 さて今度は、近藤さんの経歴をお聞きしますけど、最初から広告代理店に勤められてました?

近藤:一番初めはミクプランニングという、SP会社で企画営業やってました。展示会のの企画、設計、施工の仕事とかが多かったですが、sp全般の仕事をしていました。そして、当時はサッカーの仕事がしたくて、2年目ぐらいに先輩と一緒にJリーグのカフェの提案をしたんです。

福田:Jリーグの商品化の権利、ソニー・クリエイティブプロダクツが持ってましたよね?

近藤:はい。先輩と提案しに行ったのですが、まだ早かったようで、そのときは実現しませんでした。その後、再度プレゼンでお声が掛かり、渋谷のスペイン坂にJクラブっていうカフェができたんです。

福田:あぁ、ありましたねぇ。

近藤:それが最初に関わったエンタメ系の仕事ですね。