LGBTQに挑む、プレイメイトのチャレンジ

LGBTQに挑む、プレイメイトのチャレンジ(前編)

構成:井尾 淳子
撮影:越間 有紀子
日程:2019年8月19日

渡辺万美 (わたなべ ばんび) (写真左)

グラビア、女優、ジェンダーフリーアンダーウェア「Bushy Park」代表。1989年東京生まれ。2019年より『PLAY BOY』誌のプレイメイト就任。
2007年にトリンプ・インターナショナル・ジャパン主催のヒップコンテスト「ショウ・ミー・ユア・スロギー」日本大会で優勝。「日本一のお尻を持つグラビアアイドル」として、芸能事務所サンズエンタテイメントと契約。同事務所契約終了後、ドラマやバラエティ、グラビアの活動を続けるが、日本のメディアや芸能のあり方に疑問を感じ、ニューヨークに渡米。LGBTQの旧友との再会をきっかけに、女性の体を美しく見せるグラビアを目指すことを決意、2018年に初めてのヌード写真集『BAMBI』(講談社)を出版。同時期、インターナショナル版『PLAY BOY』のカバーを果たし、日本初のプレイメイトに就任。2019年「女性用でも男性用でもなく、セクシャルマイノリティをも包括する本当の意味でのジェンダーフリー」をコンセプトに、ジェンダーフリーアンダーウェアブランド「Bushy Park」起業。
公式ブログ:https://ameblo.jp/bambikaho0915
Bushy Park:http://bushypark.tokyo

福田 淳(写真右)

ブランド コンサルタント。1965年、大阪生まれ。日本大学芸術学部卒業。 ソニー・デジタルエンタテインメント創業者。 横浜美術大学 客員教授、金沢工科大学院 客員教授。 1998年、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント社 バイスプレジデントとして、衛星放送「アニマックス」「AXN」 などの立ち上げに関わる。 NPO法人「タイガーマスク基金」の発起人をはじめ、 文化庁、経済産 業省、総務省などの委員を歴任。 2017年、カルティエ提供「チェンジメーカー・ オブ・ザ・イヤー2016」を受賞(日経BP)。近著に『SNSで儲けようと思ってないですよね?世の中を動かすSNSのバズり方』(小学館)がある。

プレイメイト就任秘話

福田:今日はよろしくお願いいたします。万美さんは、日本人で初めて海外『PLAYBOY』誌のカバーを飾ったんですよね。

万美:はい。去年ですね。厳密に言うと、『PLAYBOY』は US版とインターナショナル版があって、US版のカバーガールはアメリカ人モデルのみなんです。なので私は、インターナショナル版のカバーを日本初でやらせていただきました。

福田:日本初。すごいことですよね。その経緯をお聞きしてもいいですか。

万美:オーディションです。それまでの、自分の殻を破ってやろうと思ったんです。実はいろいろと日本の芸能活動で壁にぶち当たっていたんですけども…。26歳の時にニューヨークに行って、「やろう。今の日本のメディアの中にいたら、自分がダメになる」と実感しました。私、女性の美しい体がすごく好きで、『PLAYBOY』誌のカバーガールをリスペクトしていたんですね。「じゃあ、まず自分がこれに載ろう。載るべきじゃないか」っていうことで、オーディションを受けました。

福田:なるほど。素晴らしい。『PLAYBOY』誌カバーについてから、お聞きしますね。そのオーディションは、ニューヨークで受けたんですか?

万美:まず日本で撮影した写真を送りました。インターナショナル版のPLAYBOY編集部に。

福田:そういう窓口があるんですね。

万美:あります。友達のツテで、LAでプレイメイトのお姉さんのお世話をしている女の子がいるというので、その彼女を通じて送りました。もういろんな写真を撮りまくって送り続けて、通過するまでに1年ぐらいかかりましたね。

福田:なかなか凄そうな世界。どんな写真を撮影したんですか?

万美:いろんなカメラマンさんに、PLAYBOYっぽいというか、海外雑誌っぽい写真を撮ってもらいました。実際、中ページのグラビア4ページのみ、とかだと、比較的オーディションも通りやすいんですけども、カバーガールはものすごくハードルが高くて。でも、私はどうしてもカバーじゃないと意味がないと思って、グラビアだけのお話は全部お断りしてきました。

福田:「グラビア4ページだけ、というのならやりません」と。正しかったですね、それは。

万美:そうですね。で、やっと最初にスウェーデンで「2月号のカバーが空きました」ってオファーをいただいて。…ところが担当者がバケーションを取って休んでいる間に、べつのモデルで決まってしまったということで、それはなくなっちゃったんです。結局、その後にクロアチアでカバーが決まりました。一応、日本では初のヨーロッパ版PLAYBOYの表紙ということで。

LGBTQに挑む、プレイメイトのチャレンジ

TOPへ