福田 淳の最新本『ストリート系都市2022』発売記念! PIVOT代表 佐々木紀彦が特別インタビュー(前編)

福田 淳の最新本
『ストリート系都市2022』発売記念!
PIVOT代表 佐々木紀彦が特別インタビュー
(前編)

編集・構成:井尾淳子
撮影:越間 有紀子
日程:2022年8月17日

佐々木紀彦(写真/左)

PIVOT 代表取締役社長。1979年福岡県生まれ。
慶応義塾大学総合政策学部卒業後、東洋経済新報社に入社し、自動車やIT業界を担当。入社5年目に2年間休職し、スタンフォード大学大学院で修士号を取得。帰国後は『週刊東洋経済』編集部に所属。『30歳の逆襲』『非ネイティブの英語術』『世界VS中国』、『ストーリーで戦略を作ろう』『グローバルエリートを育成せよ』などの特集を担当。2012年11月『東洋経済オンライン』編集長に就任後、リニューアルから4カ月で5301万ページビューを記録し、同サイトをビジネス系サイトNo.1に導いた。
2014年7月株式会社ユーザベース「NewsPicks」編集長 執行役員に就任。2015年4月株式会社ニューズピックス 取締役に就任。動画プロデュースを手がけるNewsPicks Studiosの初代CEOも務める。2022年3月には新たに立ち上げたPIVOTにて、経済コンテンツメディア「PIVOT」を運営開始。ミッションは「日本をPIVOTする」。ビジネスを楽しく学べる200シリーズ超の映像・活字コンテンツを無料配信。
PIVOTアプリ→https://bit.ly/3s4LTxp
YouTube→https://bit.ly/3MR635L

福田 淳(写真/右)

連続起業家
1965年、大阪生まれ。日本大学芸術学部卒業。
ソニー・デジタルエンタテインメント創業者
横浜美術大学 客員教授、金沢工業大学大学院 客員教授。
女優”のん”などタレントエージェント、ロサンゼルスを拠点としたアートギャラリー運営、バケーションレンタル事業、沖縄でリゾートホテル運営、大規模ファーム展開、エストニア発のデジタルコンテンツ開発、スタートアップ投資など活動は多岐にわたる。 自社の所属アーティストとは、日本の芸能界にはなかった「米国型エージェント契約」を導入したことでも話題を呼んだ。
1998年、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント社 バイス・プレジデントとして、衛星放送「アニマックス」「AXN」 などの立ち上げに関わる。
カルティエ「チェンジメーカー・オブ・ザ・イヤー」受賞 (2016年)
ワーナー・ブラザース「BEST MARKETER OF THE YEAR」3年連続受賞 (2012-14年)
日経ウェブ「21世紀をよむITキーパーソン51人の1人」選出 (2001年)
文化庁 「コンテンツ調査会」委員
経済産業省 「情報大航海時代考える研究会」委員
総務省 「メディア・ソフト研究会」委員
著書
『ストリート系都市2022』(高陵社書店)
『スイスイ生きるコロナ時代』(髙陵社書店) 共著 坂井直樹氏
『パラダイムシフトできてる?』(スピーディ出版)
『SNSで儲かるなんて思ってないですよね?』(小学館)
『これでいいのだ14歳。』(講談社)
『町の声はウソ』(サテマガ)

(株)スピーディ 代表取締役社長
Speedy Gallery Inc. (CA, U.S.) - President
Speedy Euro OU - President

NPO「アシャンテママ」 代表理事
NPO「ファザリング・ジャパン」監事

公式サイト:
http://AtsushiFukuda.com
YouTube対談動画
https://www.youtube.com/channel/UC3oCfveGQgT2Lpx27O9NDIw

コロナ禍、二拠点生活に疑問を感じたきっかけ

福田:このトークドは私的『徹子の部屋』として、僕が会いたい方に会い、お聞きしたいことを聞くのが主旨なのですが、今回は少し趣向が違います。というのも、2022年8月1日に出版された僕の新刊『ストリート系都市2022』(高陵社書店)について、ぜひリスペクトしている経済ジャーナリスト、PIVOT 代表の佐々木紀彦さんにインタビューをしていただきたいと思ったからなのです。なんとも贅沢な回です。佐々木さん、本日はありがとうございます。何卒よろしくお願いします。

佐々木:こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。

福田 淳の最新本『ストリート系都市2022』発売記念! PIVOT代表 佐々木紀彦が特別インタビュー(前編)   Talked.jp

福田:視聴者の方は当然ご存知かと思いますが、改めてご紹介させていただくと、佐々木さんは週刊東洋経済の編集者からキャリアをスタートされて、東洋経済オンラインとNewsPicksで編集長を務める等、経済ニュースの新たな境地を切り開いてこられました。2022年3月には、経済コンテンツアプリ新メディア「PIVOT」もスタートされたという、起業家であり、素晴らしいジャーナリストの方です。

佐々木:光栄です。今日は私からいろいろとお伺いするかたちで進めさせていただきます。福田さんのこの新刊『ストリート系都市2022~アートから芸能まで連続起業家によるアフターコロナ新都市論』ですが、立派なタイトルですけれども。

福田:ほんとに立派ですよね(笑)

佐々木:早速熟読させていただいて、自分の問題意識にも近く、共感するところが非常にたくさんありました。このタイトルで非常にスピーディに出版されたと伺っていますが、なぜこのテーマを「今、世に問いたい」と思われたのでしょうか。

福田:2021年の秋頃、第5波の前くらいに「コロナは終わったんじゃないか」という空気がありましたよね。メディアでも二拠点生活のススメとか、自宅で快適に仕事をするための家具や雑貨だとか、そういう話がいっぱい出ていて「本当にそうなのかな?」と疑いだしました。僕はというと、2020年の4月2日に密を避けて沖縄に移住しました。世界中が全部止まっているときは、別にどこに住んでもいいじゃないかと思って。ところが2021年の秋には、「もう都市は動き始めている!」という空気を感じました。それでむちゃくちゃ気後れして、「早く東京へ戻らなきゃ」と思ったんです。でもITの後輩のSNS投稿には「熱海で2拠点生活いいですよ。1時間半で東京と行き来できます」とか書かれていて、さらに浜松とかは土地代も上がっちゃったりして。

佐々木:軽井沢もバブルになっていましたね。葉山なども流行りました。

福田:そうでした! でも、天の邪鬼な僕的には、それってうまくいっているようにはあまり見えないというか、隠居に見えてしまったんですね。で、ずっと田舎にいると出遅れちゃうんじゃないかと思って。情報をとるべく東京へ戻りました。「東京ってやっぱり自分には必要だな」「都会の機能ってなんだろう」ということを考えたときに、改めてドキュメンタリー映画『ジェイン・ジェイコブズ ニューヨーク都市計画革命』を観たんです。これはアメリカの女性ノンフィクション作家でジャーナリスト、市民運動家でもあるジェイン・ジェイコブズが行政と闘って、愛するニューヨークのストリートを守った実話です。それでやっぱり、人類の進歩とは都会化なんだなと思い、じゃあその歴史を紐解いて、アフターコロナはどこに住むべきなのかを考えよう、ということを伝えたくなりました。発売して今日で2週間目なんですけど、「そのこと、オレもちょうど考えてたんだよ」という人が割といたので、書く意味はあったのかなと。きっと今は、みんながちょっと悩んでいるんですよ。

TOPへ