“泥船”の出版をどう変える? 元ベストセラー作家が目指す「印税率5割」革命とは(前編)

“泥船”の出版をどう変える? 
元ベストセラー作家が目指す
「印税率5割」革命とは(前編)

編集・構成:井尾淳子
撮影:越間 有紀子
日程:2022年7月12日

田中泰延(写真/左)

1969年大阪生まれ。早稲田大学卒業後、 株式会社 電通でコピーライターとして24年間勤務ののち退職、 2017年から「青年失業家」を名乗り、ライターとして活動を始める。
2019年、初の著書『読みたいことを、書けばいい。』(ダイヤモンド社)を上梓。
Amazon和書総合ベストセラー1位を記録し、16万部突破のベストセラーとなる。
2021年、著作第二弾となる『会って、話すこと。』(ダイヤモンド社)を刊行。 2020年、「本を書く人が、生活できる社会へ。」を掲げる出版社 「ひろのぶと株式会社」を創業。
公式サイト:
https://hironobu.co
ツイッター
@hirononutnk

福田 淳(写真/右)

連続起業家
1965年、大阪生まれ。日本大学芸術学部卒業。
ソニー・デジタルエンタテインメント創業者
横浜美術大学 客員教授、金沢工業大学大学院 客員教授。
女優”のん”などタレントエージェント、ロサンゼルスを拠点としたアートギャラリー運営、バケーションレンタル事業、沖縄でリゾートホテル運営、大規模ファーム展開、エストニア発のデジタルコンテンツ開発、スタートアップ投資など活動は多岐にわたる。 自社の所属アーティストとは、日本の芸能界にはなかった「米国型エージェント契約」を導入したことでも話題を呼んだ。
1998年、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント社 バイス・プレジデントとして、衛星放送「アニマックス」「AXN」 などの立ち上げに関わる。
カルティエ「チェンジメーカー・オブ・ザ・イヤー」受賞 (2016年)
ワーナー・ブラザース「BEST MARKETER OF THE YEAR」3年連続受賞 (2012-14年)
日経ウェブ「21世紀をよむITキーパーソン51人の1人」選出 (2001年)
文化庁 「コンテンツ調査会」委員
経済産業省 「情報大航海時代考える研究会」委員
総務省 「メディア・ソフト研究会」委員
著書
『ストリート系都市2022』(高陵社書店)
『スイスイ生きるコロナ時代』(髙陵社書店) 共著 坂井直樹氏
『パラダイムシフトできてる?』(スピーディ出版)
『SNSで儲かるなんて思ってないですよね?』(小学館)
『これでいいのだ14歳。』(講談社)
『町の声はウソ』(サテマガ)

(株)スピーディ 代表取締役社長
Speedy Gallery Inc. (CA, U.S.) - President
Speedy Euro OU - President

NPO「アシャンテママ」 代表理事
NPO「ファザリング・ジャパン」監事

公式サイト:
http://AtsushiFukuda.com
YouTube対談動画
https://www.youtube.com/channel/UC3oCfveGQgT2Lpx27O9NDIw

出版の常識を変える、革命児ふたり

福田:田中さん、今日はよろしくお願いします。

田中:こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。

“泥船”の出版をどう変える? 元ベストセラー作家が目指す「印税率5割」革命とは(前編)   Talked.jp

福田:ありがとうございます。元電通のコピーライターからベストセラー作家に、そして「印税率5割で出版業界に革命を起こす」として、今年出版社「ひろのぶと株式会社」の起業を果たされた田中さんには、お聞きしたいことが本当にたくさんあります。実は田中さんと僕には、いくつか共通点があるとわかりました。一つは関西人、大阪ご出身ですよね。

田中:はい、大阪の豊中市です。

福田:お、近いですね。僕は高槻市出身です。高槻病院生まれで高槻中学、高槻高校。で、大学は日芸で東京に来ました。そしてもう一つは、うちの父が関西電通(当時の名称)だったんですよ。定年まで勤めました。

田中:えっ。じゃあ、僕、お世話になっているはずですね?

福田:ラジオテレビ局長だった福田澹の息子です。

田中:それは衝撃! ああ、もう恐縮です。それはもう……。

福田:いえいえ。だから当時の電通副社長(関西支社長)の丸山 功さんも、僕が子どもの頃、家によく遊びに来ておられましたよ。高槻の家で宴会をやっていて、その流れでみなさん泊まっていらっしゃって(笑)

田中:なるほど。僕は、電通は東京に2年、大阪に22年勤務でした。東京に2年おったんですけど、僕は豊中市でも阪急の庄内という……阪神・淡路大震災で、活断層がきれいに走っている上に家がありまして。で、すごくきれいに列に沿って、家がパタンパタンパタンパタンと。(実家が)まさにその列の上にあったので全壊したんです。で、「大阪へ帰らせてください」ということで転勤して。その時代ですから、お父様の福田さんもおられました。ああ、そうですか~。

福田:だからもう「関西電通」「大阪」と、かなり濃い共通点なんですよ。

TOPへ